アメクリップ > 健康・医療 > クリさんの健康ばなし・・・てんこ盛り

トップタイトル|アメクリップ


数値を治す?・・・潜在性甲状腺機能低下症

2014-10-22 08:22:36

現代の医療は、検査により病態が数値になって表されます。例えば採血による検血・生化学検査です。肝機能、腎機能、血糖値、血中脂質、一般血液などが数値になってでてきます。正常成人の95%が入る値を超えると異常値として表示されます。数値化されるとわかりやすいので良い面もあるのですが、やはり異常値といわれるとドキッとするのが人間です。一般検血・生化学検査では、医師側も患者さん側もよくわかっていて肝機能、腎機能が少しくらい悪くてもすぐには治療とはなりません(血中脂質は、医師によってはすぐに治療の対象とするの


その他の新着記事