アメクリップ > 健康・医療 > クリさんの健康ばなし・・・てんこ盛り

トップタイトル|アメクリップ


筋肉量低下により・・・サルコペニア

2014-12-04 07:04:46

最近、サルコペニアという言葉をよく耳にするようになりました。医療をあつかったTV番組などでコメンテーターの医師がよく使います。サルコペニアとはどういう意味なのでしょうか。筋肉量低下に伴いおこった筋力低下または身体機能低下をきたした状態のことです。筋肉量低下のみの場合は、プレ・サルコペニアと呼びます。加齢にともない人の筋肉は減ってゆきます。骨格筋は、80歳時には40歳時の30〜40%低下します。サルコペニアが起こることにより運動機能低下(ロコモティブ症候群)がおこります。筋肉量が減ることで転倒・骨


その他の新着記事