アメクリップ > 健康・医療 > クリさんの健康ばなし・・・てんこ盛り

トップタイトル|アメクリップ


「尊厳死に尊厳はあるか」(中島みち)・・・人工呼吸器取り外し事件

2014-10-15 08:15:18

富山県射水市立病院で医師により人工呼吸器取り外し事件があったことを覚えてらっしゃいますか。この事件は、2006年3月25日に報道されました。報道された事件と異なる事実を書いた本を紹介します。「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (岩波新書)/岩波書店¥778Amazon.co.jp事件が発覚したのは、2005 年10月。自殺未遂の男性が市民病院へ心肺停止で搬送され蘇生処置により人工呼吸をつけられました。当時の外科部長(50歳)が3日後に脳死と判断し家族を集めて同意のもと人工呼吸器を外


その他の新着記事