アメクリップ > 健康・医療 > 夢をかなえる「脳とこころ」の講座

トップタイトル|アメクリップ


自分のこころには「二つの自分が住んでいる?」 ユング心理学より

2015-05-03 17:03:59

ワードプレスより転載 ユング心理学創始者 カール・グスタフ・ユングは人のこころには「二つの人格」が存在すると考えました。普段、表に出している人格は「第1の人格」と呼ばれるものです。ユングは普段の自分は「大人しくて引っ込み思案」の人格であると自己認識していました。(第1の人格)しかし、同時に自分のこころには「威厳があり、誰もが畏怖するような思慮深い老人が存在する」ことも自己認識していました。これを「第2の人格」と名付けました。こうした感覚は人には必ずあるとユングは語っています。ミスや失敗をして他人


その他の新着記事

プロフィール



新着ブログ


記事一覧