アメクリップ > 健康・医療 > 夢をかなえる「脳とこころ」の講座

トップタイトル|アメクリップ


羽生 弦選手のケガから見える日本のスポーツ環境の時代遅れな発想

2014-11-10 22:10:20

フィギアスケート 羽生 弦選手の怪我後のフリー演技を強行出場したことについてテレビ、新聞、スポーツ界を巻き込んで賛否両論の論争が起きています。脳震盪後の競技について危険性が最近ようやく指摘されてるようになりましたが。バイオフィードバックメーカーの立場からすると「議論の発想がアメリカに比べて10年遅れている」アメリカではすでにスポーツ選手の脳震盪問題の対策として、最先端のBMI技術を活用してリアルタイムに脳の活動状態が計測できる装置を活用しています。iframe{max-width:100%} Q


その他の新着記事




新着ブログ


記事一覧