アメクリップ > エンターテイメント > JACKPOT DAYS

トップタイトル|アメクリップ


2014-11-04 12:04:56

「鏡」 目の前に女がいる、艶めいた長い髪が腰まで届いている、執拗なまでに櫛を通したのだろう、毛先のゆるいカーブまでは磨いた刃物のように鈍く光を跳ね返している。 細く高い鼻梁、春に舞う蝶を思わせる睫毛、視線がぶつかるとその水晶体には私が映し出される。生命として完全に敗北していることを私は思い知らされる。 私は目の前の女を眺め続ける。見ていたいとは思わないが、なぜか目を離すことができない。 いつから眺めているのか、時間の感覚が曖昧になっていた。女は時折、目をふせ、そして私に視線を送る。表情は変わらな


その他の新着記事