アメクリップ > 健康・医療 > Remedy-レメディ-のブログ

トップタイトル|アメクリップ


季節便り(秋分の日)

2014-09-22 11:22:27

みなさん、こんにちは。9月23日は彼岸の中日(秋分の日)です。昼と夜の長さがほぼ同じになる日で、半年前の春分とは逆に、少しずつ夜が長くなっていきます。秋分の日は、『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日』とされています。よく「暑さ寒さも彼岸まで」といいます。「冬の寒さ(余寒)は春分頃まで、夏の暑さ(残暑)は秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる」という意味の慣用句です。昼と夜の長さは同じですが、春分と秋分の気候が同じになるわけではないようです。暑さの名残で秋分のほうが10度以上も気温が高いのです


その他の新着記事