アメクリップ > 生活・文化・地域 > 日本から始まるアセンション 今明かされる宇宙の真実

トップタイトル|アメクリップ


まるで反抗期の男の子

2014-10-17 14:17:25

まるで反抗期の男の子アマーリエは、「まるで反抗期の男の子みたい」という言い方をしましたが、ほんとうにルシはそのような男でありました。彼は先ほど申し上げたように、ひじょうに愛に飢えた男なのです。愛の温もりが欲しい。だから、自分の優秀さに酔えば酔うほど、「それを認めてほしい、、自分を受け入れてほしい、愛してほしい」という、常にそういう焼けつくような飢餓感を持つ男であります。そのことを、わたくしとエル・ランティは誰よりも知っているから、彼をもう一度再生させ、立ち直らせるために、いつも来ているのですが。


その他の新着記事