アメクリップ > 趣味 > 片山裕基の読むと成長するブログ

トップタイトル|アメクリップ


小売の輪

2014-10-16 21:16:06

小売の輪理論とは、Malcolm P.McNairによって提唱された小売業態の進展を説明する理論仮説です。※JMR参考1957年にピッツバーグ大学で開催されたシンポジウムで発表されて以来、半世紀近くが経過していますが、現在でも小売業態の変化を理論的に説明する際によく用いられます。まず、新しい小売業態は、提供サービスを抑え、設備も簡素化するなど革新的なローコスト経営を通じ、既存小売業者よりさらに低価格を訴求する形で市場に登場する。この革新的な小売業者は、価格競争によって既存小売業者の顧客を奪って成


その他の新着記事