アメクリップ > 健康・医療 > 道田誠一のブログ

トップタイトル|アメクリップ


二人組での蹴りの動作と突き抜けるイメージの稽古

2014-10-29 11:29:46

 昨日の記事の続きですが、膝のかい込みの稽古の後、二人一組みになり、蹴りの稽古を行いました。 まず、前蹴りですが、片方が蹴り、もう一方はそれを捌くというものです。  あえてここでは、膝のかい込みを意識する場合と意識しない場合に分けて行いました。 その比較をすると明らかに膝のかい込みをした場合の方が攻撃側としては蹴りが入りやすく、それを受ける立場になると受けづらくなります。 これと同様のことを回し蹴りでも行いました。 回し蹴りの場合はかい込みとその軌道にも注意しなければなりませんが、形式的な横から


その他の新着記事